がすこんろの使い方

Siセンサーの特徴と使いこなすコツ

ガスコンロのバーナーの真ん中についているポッチ。
これは、Siセンサーといいます。

このSiセンサーがついていると、ガスコンロが使いづらく邪魔!うざい!と感じたことありませんか?

  • これから強火で水分飛ばして仕上げ、というときに火が弱まる。
  • 小さな軽い鍋だと、Siセンサーのバネの力のほうが強くてコンロにまっすぐ置けず使えない。

イライラする事もあるかもしれませんが、Siセンサーはあなたの大切な資産を火災から守るために存在しています。

この記事では、Siセンサーを搭載する理由と、Siセンサーコンロを使いこなすコツを解説します。

邪魔なだけ?Siセンサーの特徴とは


2008年10月以降から製造されるガスコンロには、すべてのバーナーにSiセンサーを搭載することが法律で決まりました。

なぜなら、火災などの事故を予防するためです。
ガスコンロが原因となる火災のほとんどが、天ぷらなどの調理油が高温になって自然発火したためと考えられています。

調理油が発火と聞くと、ガスコンロの火が燃え移ったのだと考える方がいますが、それは違います。
油は約370℃以上になると自然に発火します
なので、極端な話、火を使わないIHコンロでも起こり得ます。

「電話がかかってきて、天ぷらを揚げているのを忘れていた!!」などの、ついうっかりからくるアクシデントを、ガスコンロの機能で防止することになったのです。

Siセンサーが働くとどうなるのか?
  1. 鍋底の温度が約250℃になったときに自動で弱火にする
  2. 火のかけっぱなしで鍋底が焦げつくと自動で消火
  3. 一定時間以上火を点けたままだと自動で消火(最大で120分)
  4. 調理中に火が消えたときは、自動でガスを止める
  5. 魚焼きグリル内の温度が異常に上昇すると自動で消火

ちなみに。
ガスコンロの機種によっては、コンロに鍋を置かないと点火しない[鍋なし検知機能]が付いているものもあります。
これはSiセンサーが引っ込んだ状態でのみ火が点く仕組みです。

[鍋なし検知機能]
  • お年寄りが間違ったバーナーを点火しないようにする
  • 子どもがイタズラしても鍋を置いていなければ火が点かない

お年寄りが使う場合に、付いていると安心な機能です。

センサーが反応しないように料理するコツ


そんなSiセンサーですが、料理中に勝手に火が弱まると困るときもありますよね。
そんなときの対処法を解説します。

  1. センサー解除をする
  2. Siセンサーを上手に利用する[たまご料理編]
  3. 魚焼きグリルを活用する
  4. [番外編]

①センサー解除をする


[高温いため][あぶり]と書かれたボタンを3秒間押すと、センサーの解除が出来ます。
通常は約250℃になると火が弱まるのを → 約290℃の高温まで対応させることが出来ます。
センサー解除をした30分後に自動で消火しますので、長時間の煮込みをするという際にはセンサー解除しないほうが良いでしょう。

②Siセンサーを上手に利用する[たまご料理編]


ピピッと鳴って自動で弱火になるSiセンサーの特徴を上手く利用しましょう。

おすすめは、たまご料理。
卵焼き、目玉焼き、スクランブルエッグ、オムライスの上にのせる半熟卵を作るのにもってこいです。

  1. ガスコンロを点火してフライパンを熱する。
  2. ピピッと鳴ってSiセンサーが働いて弱火になったら、卵を流し込む。

卵でフライパンが冷やされることにより自動的に火が大きくなるので、火力調節することなくお料理を進められます。

③魚焼きグリルを活用する


Siセンサーがあることで、コンロ上で使うタイプの焼き網が使えなくなりました。
そこで、代わりとして魚焼きグリルを使うことをおすすめします。

グリルにはこんな特徴があります。

  • 1分で約300℃の高温に上がり、オーブンの代わりにもなる
  • 遠赤外線効果で表面に焼き色がつく

焼き魚、おもち、焼きなす、ステーキ、他にもクッキーも焼くことができます。

[番外編]1口コンロを買う

実は、ガスの1口コンロにはSiセンサーが付いていません。
なので「豆炭コタツを使っていて、どーしても豆炭を熾したい!」など緊急性が高い場合は、1口コンロを購入するのはいかがでしょうか。
ちなみに鋳物の七輪は、家庭用では購入できなくなっています。
リンナイ 一口コンロ RTS-1NDB 12・13A

ガスコンロを改造するのは絶対だめ


グーグルでSiセンサーを検索すると、[Siセンサー 取り外し]という恐ろしいサジェストが表示されました。
なんと、自分でコンロを改造してSiセンサーを取り外す方法が解説されていましたが、絶対にやめてください。
「自己責任で~」と記載されていましたが、もしも火災になった場合、自分以外の人・家・物に火の粉が飛ぶ恐れがあるのなら絶対にやめましょう
最近はメーカー側も予防策として改造しにくいように製造しています。

使いにくいと文句を言っても、義務化されてしまったものは仕方がない。
上手にSiセンサーと付き合って、料理していけたらいいですね。